--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.0423:20

エゴだよそれは

大好きなコミック”それ町”こと
「それでも町は廻っている」がアニメになって、10月から放送中です。
んだもんで歩鳥描いたよー!
hotori.jpg

それなりに気合入れて描いたのにアイマス絵のときの1/3くらいしかヒットしなくてワロタ。

で、アニメですけど当然イメージと違うとこが多いですよね
 「声のイメージが違う」
 「テンポが悪い気がする」
 「雰囲気が再現できてない」など
僕もそう思います。

でも、僕はこのアニメ版を おおむね気に入ってます





まず消極的な理由として、さきほどあげた「イメージと違う点」についてですが
 「声のイメージが(僕が思っていたのと)違う」
 「テンポが(僕が原作を読んだときと比べて)悪い気がする」
 「雰囲気が(僕の思ったように)再現できてない」、など
ぜーんぶ自分基準なんですよね。これを責めてもしょうがないでしょう

漫画というのは”読んだ人の脳内で完成されるメディア”です。
「俺の頭の中の正解どおりに作らないのは間違っている、失敗作だ」って
それはちょっと言っちゃうと、恥ずかしいくらいにエゴですのでw

(あ、「俺のイメージと違う」まではいいと思いますよ。
 ”俺”にしか確かめ様がないけど事実でしょうから)


続いて積極的な理由としては、
「TVアニメになってくれた」という事。小さいことだと
 「声が付いている」
 「色がついている」
 「音楽がついている、歌がついている」
という当たり前の事から、
 「原作に忠実に作られている」
 「多くの人に知られることとなる」
 「”面白い”と興味をもつ人がけっこういる」「話ができる」
 「この作品を好きという気持ちを共有できる」
なんてことまで。

原作に忠実か?という点は意見が分かれるかもですが、
 「足される要素こそあるが、削られたり変更された部分がほとんどない」
 「原作の方向性を大事に作られている」という点。
後者は主観もある程度あるでしょう。受け取り方は人それぞれですから
でも「それ町の魅力の8割はパンチラだ!それが削られるのは許せない!」って人とは
あまり楽しい話はできなさそうですしねえ(´∀`)


そんなこんなで、「違う」=「出来が悪い」にはならないってこと。
・・・まあ正直、過剰なタヌキアピールはウザイと思ってますけどw

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、やっぱり歩鳥さんでしたか
mixiで見てひょっとしてそうかな?と思ってました
知人に教えてもらいこの作品をほんとに最近知りました
まだアニメは観てないし原作を3巻まで読んだトコですけどね^^;
個人的には好きな感じですね、続きを読むのが楽しみです

No title

> ぜーんぶ自分基準なんですよね。

そりゃ当然ですよ。
絵を見ても、音楽を聴いても、気に入るかどうかは自分の基準すよ。

原作者が出てきて「これが正解だ」と言えば、
それが公式の正解になるとは思いますが、
それを気に入るかどうかは別っすよ。

確かに

> 「俺の頭の中の正解どおりに作らないのは間違っている、失敗作だ」

って言うのはエゴですけどね。
  

No title

アニメ化されると一気に作品が知れ渡って原作の単行本も売れる
傾向にありますから、原作読んで面白いと思ってくれる人が
沢山出てくれて、石黒氏の懐が潤って欲しいところ(笑)。

No title

>のーりさん
めいど!! 読めば読むほど細かい発見があったりして僕も大好きなんです!

>千葉県在住さん
「俺には原作のほうが面白い」ってのを否定はしませんよー
僕もですから。脳内世界はテンポも声もイメージ完璧!
まあだいたいの漫画はそうですけどね

>ヒデさん
でも石黒先生が仕事しなくなったら残念ですw
ついってます↓
ぴくってます↓
プロフィール

しゃがみ中

Author:しゃがみ中
同人とか漫画とかゲームとかやってダラダラ生きてます。
3流アイマスサークル「シャガミズム」代表。
合同誌とか漫画や絵のお仕事とか
いつでもウェルカムですよ。
ですよ(チラッチラッ

連絡先:
feytafeyta@hotmail.com
(「@」を小文字にしてつかあさい)

mixiもやってま
アマヅンお買い得フィギャー
自分が見たいがために置いてま
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。